地盤改良工事

地盤改良工事とは、宅地・工業用地等造成地や道路新設・改築時の地盤支持力不足の改善を行ったり地中の地山補強・空隙間詰を行い、崩壊・陥没を防ぐ目的で行う工事です。


自走式土質改良工法(リテラ)

  • 建設現場で発生した土砂を現場で改良し、均一で良質な改良土として再生、建設資材として利用できる工法です。
  • 礫質土~泥土まで広範囲な発生土に対応可能。
  • 大規模工事では、効果的に作業が行えるのでコスト削減が可能。
  • 低粉塵・低騒音なので環境にやさしい工法です。

※国土交通省所管「新技術情報提供システム(NETIS)」に登録されている工法です。

自走式土質改良機(リテラ)

自走式土質改良機
(リテラ)

自走式土質改良機を用いた作業風景

自走式土質改良機を
用いた作業風景


ソリッドキューブ工法

  • 現場での原位置土と固化材(粉体・流体を問わず)を混合攪拌し均一な良質土に改良する工法です。
  • 狭い場所や、掘削併用混合攪拌(深さ2mまで)に適しています。
  • 条件により固化材(粉体・流体)を選択すれば、粉塵等の防止ができるので近隣に迷惑をかける事なく施工が可能です。
ソリッドキューブ工法

バケットミキシング用
バケット

表土鋤取り

表土鋤取り

基礎の根入れ分の表土を鋤取ります。

固化材の投入

固化材の投入

固化材を配合量に合わせて投入します。

混合・混合確認

混合・混合確認

土砂とむらなく混合。敷き均します。

転圧

転圧

重機で締め固めた後ローラー転圧で締固をます。

基礎下のラップルコンクリ-トに変わる改良方法として施工が出来ます。

ラップルコンクリートによる施工より低コストで施工が可能!


薬液注入工法

  • ボーリングマシーンにより地中を削孔し、注入材を注入し、地中の改良を行います。
  • 流体の改良材(注入材)を使用し、地中内の腐植土等でできた空隙間詰も行えます。
  • 従来からある、「推進工事」「立坑工事」に伴う坑口注入や底盤・側壁改良も行えます。
薬液注入工法

薬液注入工事


固化材

当社では、環境に配慮した固化材を使用する事により、さらに優れた地盤改良が行えます。

・ハーデン工法
泥土や高含水土でも対応可能な固化材であり、混合後早い段階でPH値が中性となります。又改良後、再泥化し難く、更に六価クロムが発生しない固化材であります。
・SEリバース
石炭系特殊複合土質改良材の為、六価クロムを抑制できます。
泥土や高含水土でも対応が可能で、少ない添加量で改良が行え、コスト低減ができます。

※国土交通省所管「新技術情報提供システム(NETIS)」に登録されている工法です。


試験室の完備

当社では、「地盤改良工事」で必要となる土質試験室を完備しております。

現場の土を採取し、最適な配合量を各種試験結果に基づき算出して品質の確保を行っております。

CBR/一軸圧縮試験機

CBR/一軸圧縮
試験機

モ-ルド押出機

モ-ルド押出機

攪拌機

攪拌機

自動突固装置

自動突固装置

乾燥機

乾燥機