曳家工事

「曳家工事」とは、建物を取り壊さずに移動したり回転させたりする工事です。


こんな時に

  • 都市計画対象地区になってしまい、道路等建設により建物がひっかかった場合。
  • 建物の増改築に伴い、建物を移動したり向きを変えたい場合。
  • 現在の土地が不等沈下を起こし、建物等が傾いている場合。

※「曳家工事」は、建物内のほとんどの物を移動する事なく、そのままの状態で工事が出来ます。


施工の流れ

  • 現況の建物や移動ルート・移動先の調査・測量を行います。
  • 見積書を作成~御契約
  • 建物下基礎部を一定間隔で取壊、ベースフレームをで組立します。
  • 移動先になる場所に新たに建物基礎を築造します。
  • 移動ルートに移動用レールを築造します。
  • ジャッキアップを繰り返し建物を、所定の高さまで持上げます。
  • 移動用レールを伝って建物を移動します。
  • 移動先に到着すると、建物を基礎へ降ろします。
  • 建物下ベースフレームを解体撤去し、基礎部を補修して完了です。
移動開始時

移動開始時

移動完了時

移動完了時

2軒同時移動

2軒同時移動